HOME > 不妊手術
当院では、将来、赤ちゃんをつくる予定がないワンちゃんネコちゃんに対して、「不妊手術(去勢・避妊手術)」を行っております。
これは繁殖を抑えるだけでなく、将来の病気予防につながったり、トラブルを招く行動を抑える一面もあります。

去勢手術/オスのワンちゃん、ネコちゃん

去勢手術/オスのワンちゃん、ネコちゃん

オスのワンちゃん、ネコちゃんに行う不妊手術です。

全身麻酔を施し、精巣を摘出します。

手術は20~30分ほどで終わります。

当院では、医療用レーザーを用いた手術を行いますので、出血が少なく、術後の回復が早いのが特徴です。

去勢手術を受けるメリット
  • 望まない妊娠の防止
  • 病気の予防になる
    • ワンちゃんの場合・・・
      前立腺肥大、会陰ヘルニアなど
    • ネコちゃんの場合・・・
      ケンカによる猫白血病、猫エイズなど
  • トラブル防止
    • 攻撃性が抑えられることで、他のペットとのケンカを防止する
    • むだ吠えを抑える
    • マーキングが減少する
去勢手術を受けるデメリット
  • 太りやすくなる(食生活に特に気をつける)
去勢手術を受ける時期
生後6カ月~10か月くらい。
生後8カ月頃よりマーキングなどの問題行動が増えてくるので、その頃に去勢手術を受けることをおすすします。

避妊手術/メスのワンちゃん、ネコちゃん

避妊手術/メスのワンちゃん、ネコちゃん

メスのワンちゃん、ネコちゃんに行う不妊手術です。

全身麻酔を施し、卵巣および子宮を摘出します。

手術は30~40分ほどで終わります。

去勢手術同様に、医療用レーザーを使用した手術になりますので、ペットの体への負担が少ないのが特徴です。

避妊手術を受けるメリット
  • 望まない妊娠の防止
  • 病気の予防
    • ワンちゃんの場合
      子宮内膜症、子宮蓄膿症、乳腺腫瘍など
    • ネコちゃんの場合
      交尾やケンカによる猫白血病や猫免疫不全ウイルスへの予防効果が期待できます。
  • トラブル防止
    発情期のイライラを抑えることで、色々な問題行動を防止する
避妊手術を受けるデメリット
  • 太りやすくなる(食生活に特に気をつける)
避妊手術を受ける時期
生後6~8カ月くらい。
初めの発情前(生理前)の時期に手術を行うと、乳腺腫瘍の発症を高い確率で防ぐことができます。