HOME > 診療案内

診療案内

当院では、予防接種 ~ 各種外科疾患まで対応しております。
当院スタッフは、日本動物病院協会(JAHA)公認の総合臨床認定医を取得しており、様々な症状・病気に対して幅広く対応しております。



不妊治療(去勢・避妊)

予防診療(ワクチン・狂犬病・フィラリア予防・ノミダニ予防・健康診断)

歯科診療

動物病院に来院される症状

予防接種




皮膚の症状 / 痒がる、毛が抜ける、フケが多い

ワンちゃんネコちゃん

感染症・ホルモンの影響・アレルギーなど様々な原因が考えられますが、生活環境の改善や食事管理やシャンプー療法など多方面からの治療を行います。

→ 症例紹介(本態性脂漏症)

耳・鼻の症状 / 頭を振る、耳を痒がる、鼻水

ワンちゃんネコちゃん

外耳炎の原因として、食事・感染症・異物など様々な原因が考えられます。

犬において、鼻水・くしゃみの原因として、歯周病より二次的に鼻炎が認められることも多々あります。

消化器の症状 / 下痢、嘔吐、食欲不振、体重減少

ワンちゃんネコちゃん

下痢の原因として、食事・感染症・ストレスなど様々な原因が考えられます。長引く場合には腸自体に原因がある可能性が考えられます。
また、嘔吐の原因として、異物の誤飲や毛球症はよく認められる原因の一つです。

→ 症例紹介(異物誤飲)

 症例紹介(毛球症)

貧血の症状 / 元気がない、食欲低下、粘膜が白い

ワンちゃんネコちゃん

ワンちゃん・ネコちゃんが貧血しているかどうかは、
歯肉の粘膜の色を見れば、ある程度分かります。

貧血の原因として、
感染症の事もあれば、お腹の中で出血していることもありますし、
腎不全によって起こることもあります。
よって、貧血の原因を診断するためには全身を診ないと分からないことが多いです。

血液は全身に酸素を運ぶ働きをしていますので、
貧血があると各臓器で低酸素状態となり臓器障害を引き起こす可能性があります。

よって、原因に対しての治療と並行して輸血が必要なことがあります。

特に、重度の貧血や大量の出血をしている時、貧血による症状が出ている時などに輸血を実施することが多いです。

血液を提供して下さる方が知り合いにいらっしゃればよいのですが、
どうしてもいない場合には動物病院の供血してくれるワンちゃん・ネコちゃんに
頑張ってもらっています。

循環器の症状 / 疲れやすい、咳、呼吸が速い

ワンちゃんネコちゃん

犬において、身体検査で心臓の聴診において心雑音として心臓病が発見されます。
中高齢の小型犬の心雑音は、僧帽弁の逆流によって認められることが多いです。
初期の症状はいつもより疲れやすいといった症状などであり、あまり気付かれないことも多いです。

猫においては、犬とは異なり心筋症が多く、心雑音が認められないこともあります。
症状は開口呼吸、呼吸が速いなどですが、あまり気付かれないことも多いです。

呼吸器の症状 / 咳、呼吸が速い

ワンちゃんネコちゃん

犬において、「ガーガー」といった乾いた咳が認められる場合、気管・気管支に異常が認められることが多いです。中高齢の小型犬に多く認められます。

→ 症例紹介(短頭種気道症候群)


泌尿器の症状 / 血尿、頻尿、多飲多尿、尿の色が薄い

ワンちゃんネコちゃん

高齢などで免疫が落ちたり、寒い季節になると膀胱炎が多くなります。特にメスで多いです。
猫においてはストレスなどの原因により季節関係なく膀胱炎が発生することがあります。
膀胱結石を認めるオスにおいては、石が尿道に詰まり尿が出なくなる恐れがあります。
また、腎機能が低下すると常に尿が水のように薄くなったり、多飲多尿の症状があらわれます。

→ 症例紹介(膀胱結石)


→ 症例紹介(猫下部尿路疾患)

内分泌の症状 / 多飲多尿、脱毛、腹部膨満

ワンちゃんネコちゃん

基本的には中高齢より認められます。
犬において、代表的な内分泌の病気は、糖尿病、甲状腺機能低下症、副腎皮質機能亢進症です。
甲状腺機能低下症の症状は、無気力、両側対称性の脱毛、食べてないのに太るなどがあげられます。
副腎皮質機能亢進症は、多飲多尿、腹囲膨満、皮膚が薄いなどがあげられます。

猫において、代表的な内分泌の病気は、糖尿病、甲状腺機能亢進症です。
両者とも基本的にはよく食べるけど痩せる、多飲多尿などの症状が共通して認められます。

神経の症状 / けいれん、倒れた、いつもと様子が違う

ワンちゃんネコちゃん

発作の原因として、頭蓋内に腫瘍や脳炎などの異常がある場合もありますし、検査上異常が認められない場合もあります。ひどくなると発作が止まらなくなることもあるため、まずは発作の頻度を減らすことが治療の主体となります。

ミニチュア・ダックスフンドやウェルシュ・コーギーなどの犬種においては、腰の病気が多く認められます。
体重管理やリハビリにて改善する子もいますが、重度の麻痺が認められる場合には手術が必要な子もいます。

造影超音波検査

ワンちゃん

造影超音波検査は、肝臓のできもの(腫瘤)が良性なのか悪性なのかを診断する際に用いられます。メリットとしては、麻酔の必要がないことや、動物への外科的侵襲がないため、動物に優しい診断方法というのが特徴です。また、診断精度は病理検査に匹敵するといわれています。ご希望がありましたら、お気軽にご相談ください。

→ 症例紹介