HOME > 院長紹介
飼い主さまへのメッセージ
この度は、森どうぶつ病院のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。
当院は、ワンちゃん、ネコちゃんを中心に、うさぎや、ハムスターなどの小動物を診療する動物病院です。
もともと私自身が幼い頃から動物が好きということもあり、動物に関わる仕事がしたいという想いから獣医の職に就きました。1985年より獣医としてスタートを切り、約30年近く動物たちの健康をサポートしております。

私が診療を行ううえで大事にしているのは、言葉を話さない動物たちの状態をより正確に診断し、適切な治療を行うことです。
そして、飼い主さまに対しては状況をわかりやすく説明し、治療法についてはいくつかの選択肢を提示して、納得いただける診療を行っております。
さらにはワンちゃん、ネコちゃんの飼い方においても、食生活や病気について気を付けることをわかりやすくアドバイスしております(初来院の方には内容をまとめたファイルを差し上げています)。

ペットは、飼い主さまの大切な家族です。
毎日の生活習慣を見直し、進歩し続ける獣医学を用いることで、ペット達が1日でも長く健康で充実した毎日を過ごせるよう、一生を通じて見守り続けたいと思います。

診療方針

飼い主さまにご納得いただいてから、治療をスタートさせます
ペットの体の状態を正確に診断した後に、飼い主さまには現状の画像や過去の症例などをお見せしながら、わかりやすくご説明いたします。
それをもとにいくつかの治療法をご提案し、ご相談の後に治療をスタートいたします。
リスクを抑えるための安全対策を徹底しています
動物の場合は人間と異なり、ちょっとしたストレスによって体調に異変をきたす場合もあります。
そのため特に外科的手術を行う際には、事前診断を確実に行い、点滴、気管チュ-ブ挿管による吸入麻酔を実施し、状態を監視するモニターを設置するなど、万全の準備をしてリスク軽減に努めています。
体の状態をトータルで診断します
当院では、どこか一部の不調であっても、初診の際には全身の身体一般検査を行っています。
全身状態を知ることにより、正しい診断とより適切な治療を行うことが可能です。

ワクチン接種で来院されたワンちゃん、ネコちゃんには、
無料で身体一般検査を行っております。

院長プロフィール

森どうぶつ病院 院長 森 博輝

森どうぶつ病院 院長 森 博輝

略歴
1985年日本獣医畜産大学(現日本獣医生命科学大学) 卒業
佐藤動物病院(福岡市)勤務
1988年森どうぶつ病院 開院
 現在に至る
所属団体
  • 北九州市獣医師会
  • 日本獣医師会
  • 日本小動物獣医師会
  • 日本動物病院福祉協会
  • 日本小動物歯科研究会
  • 日本獣医がん学会
  • 日本獣医臨床病理学会
  • 日本レ-ザ-獣医学研究会
  • 日本獣医再生医療研究会
  •  
  •