HOME > 予防接種
当院では、ペットの健康をサポートするための、予防診療を行っております。
伝染病の感染を防ぐ予防接種のほか、定期的に行うと効果的なノミ・ダニ対策や蚊が媒介するフィラリア症の予防なども行えます。

予防接種

予防接種

病原体に感染することで発病し、最悪の場合は死に至ることもありえるワンちゃん、ネコちゃんの伝染病。

しかしこれらの伝染病は、定期的にワクチン接種を行うことによって、未然に発症や重篤化を防ぐことが可能です。

7種混合ワクチン

ワンちゃん

感染力が高く、生命に危険を及ぼす可能性のある7種類の伝染病の発症や重篤化を防ぐワクチンです。

予防できる伝染病
  • 犬ジステンパー
  • 犬伝染性肝炎
  • 犬アデノウイルス感染症
  • 犬パラインフルエンザ感染症
  • 犬パルボウイルス感染症
  • レプトスピラ2種
ワクチン接種の時期

初回のワクチンは生後2カ月と3カ月の2回行います(接種時期によっては3回接種の場合もあります)。

以後1年ごとの追加接種を行います。

狂犬病ワクチン

ワンちゃん

ワンちゃんはもちろん、人間を含むすべての哺乳類に感染するウイルス性の伝染病です。
発症すると、最終的にこん睡状態におちいり、100%死亡します。

日本では「狂犬病予防法」によって、生後91日以上のワンちゃんは登録と年に一度、予防接種の義務が定められています。

当院では年間を通じていつでも狂犬病ワクチンを接種できます。
北九州市内在住の方に限り登録手続きも当院で行えます。

ワクチン接種の時期
毎年4月から6月が狂犬病予防期間ですが、それを過ぎても当院でワクチン接種できます。
2年目以降も年に一度の追加接種が必要です。
3種混合ワクチン

ネコちゃん

ネコちゃんが感染する可能性のある3種の伝染病を予防します。

ワクチンの種類
  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫カリシウイルス感染症
  • 猫汎白血球減少症
5種混合ワクチン

ネコちゃん

ネコちゃんが感染する可能性のある5種の伝染病を予防します。

予防できる伝染病
  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫カリシウイルス感染症
  • 猫汎白血球減少症
  • 猫白血病ウイルス感染症
  • 猫クラミジア感染症
ワクチン接種の時期

3種、5種ワクチンとも、初回は、生後2カ月~3カ月の時期に2回接種を行います。
その後は、年に1回の追加接種がおすすめです。

エイズワクチン

ネコちゃん

猫エイズウイルス感染症は、発症すると口内炎や鼻炎から始まり、慢性の下痢や免疫力の低下などにより、最終的には死に至る病気です。

ネコちゃん同士のケンカや交尾から感染するといわれています。

接種方法

初回は、2週間毎の3回接種が必要です。以後、年1回の追加接種を行います。

その他の予防

フィラリア予防

ワンちゃんネコちゃん

蚊によって感染するフィラリアは、15~30センチくらいの細長い寄生虫が心臓に寄生する病気です。
咳や、食欲不振、体重減少などの症状が現れ、一度感染すると治療が極めて困難なので、定期的な予防が重要となります。

予防方法

毎月一度、予防薬を投与します。
予防薬には、おやつタイプ、錠剤、粉末などの飲ませる薬と、皮膚から吸収させるスポットタイプがあります。
どの薬が適するかは、お尋ねください。

予防時期

毎年、蚊が発生する5月末から11月末まで月1回予防薬を投与します。

ノミ・ダニ予防

ワンちゃんネコちゃん

ワンちゃんやネコちゃんに寄生するマダニは、血を吸うだけでなく、時には貧血を引き起こして死亡する可能性のある病気(バベシア症)をうつすこともあります。

ノミに関してもその繁殖力はすさまじく、梅雨時や夏場では10匹の成虫が、1カ月で約1800匹にまで増えることもあるのです。
ノミ・ダニを付けたままペットが家に入れば、人間への悪影響もあります。

大切なペットをはじめ、飼い主の皆様の健康のためにも、定期的なノミ・ダニ対策を行っていきましょう。

予防方法

確実な予防を希望するのであれば、動物病院専用の薬の使用をおすすめします。
市販薬と比べて、効果、安全性に違いがあります。

予防時期

1カ月~2カ月に1回、予防薬を使用します。
予防薬には、皮膚から吸収させるスポットタイプと経口薬があります。
※薬の種類やペットの状態によって頻度を決定します。