ANIMALBLOG

2016年7月22日 金曜日

猫の停留精巣

以前報告しました、
停留精巣のあるスコティシュの雄ですが、
マーキングがひどくなったのと、
飼い主の方を咬むようになったため、
去勢手術を行うことになりました。

上の写真は、
腹腔内の精巣の写真です。

停留精巣(潜在精巣)のメカニズムは、
明確ではありませんが、
問題行動(マーキング、凶暴性)がひどい時は、
手術したほうが良いと思います。

 


投稿者 森どうぶつ病院 | 記事URL

2016年7月 8日 金曜日

乳歯残留

image1 image2

犬と猫は
生後約6ヶ月で
乳歯が永久歯に生え変わります。

しかし、特に小型犬に
生後6ヶ月を過ぎても乳歯が抜けない場合があります。

乳歯残留と言います。

歯並びが悪くなったり、
歯垢、歯石が付きやすくなったりします。

上の写真は、同じわんちゃんの写真で、
左の写真が乳歯残留時(赤丸乳歯)、
右の写真は、乳歯を抜いて2ヶ月後の写真です。

ただし、生後10ヶ月を過ぎて乳歯を抜いても、
歯並びは改善しません。

抜く時期、抜く方法などについては、
当院に直接連絡してください。


 

投稿者 森どうぶつ病院 | 記事URL