ANIMALBLOG

2015年5月20日 水曜日

多飲多尿

症状として
多飲多尿はめずらしくありません。

原因は
色々ありますが、

慢性腎臓病
糖尿病
肝不全
子宮疾患等を
疑わなければいけません。

上の写真は
副腎皮質機能亢進症の
症例です。

多飲多尿のほか、
多食やお腹のふくらみ、
皮膚が薄くなり
やぶれやすくなったりします。

超音波や血液検査により
院内で診断がつくようになりました。

多飲多尿は病気の兆候です。
 

投稿者 森どうぶつ病院 | 記事URL

2015年5月14日 木曜日

歯肉のはれ

上の写真は、
左上犬歯の周囲の歯肉のはれがみられます。
犬歯と歯茎の間の歯周ポケットがかなり深かったのでレ-ザ-処置を行いました。(右上写真)
1週間後
歯肉のはれがなくなり、,
歯周ポケットも
小さくなりました。
歯肉の血行の改善もみられました。
(右下の写真)
 
 
 
   
 

 

投稿者 森どうぶつ病院 | 記事URL

2015年5月 8日 金曜日

犬にとって暑い時期となりました。

image1 image2

人にとっては、すごしやすい季節ですが、
下毛の多い犬にとっては、
暑くて不快な季節になりました。

上の右の写真は、
ボ-ダ-コリ-の首周囲の毛を
バリカンで刈った写真です。
左の写真でみて
毛を刈っているのが
わからないと思います。

カッコウも気になると思いますので、
おなか、四肢の内側だけでも
できればバリカンで
短くしてあげてください。

犬にとっての大きいストレスのひとつは、
暑さです。

投稿者 森どうぶつ病院 | 記事URL