ANIMALBLOG

2014年4月28日 月曜日

麻酔は危険なのか?

上の表は、酪農学園大学の山下和人先生が
CLINIC NOTE No.62に発表されたものです。

犬や猫に不妊手術をするとか、歯石除去等を行う場合、
どうしても全身麻酔が必要になります。

その場合、皆さんがご心配なことは、
全身麻酔は危険ではないのか、ということだと思います。

どの程度の麻酔の危険性があるかを知るには、
健康状態、年齢等,各種検査結果によって
その動物の全身状態のランク分けをします。

ASAのクラス分類

クラスⅠ 疾患のない正常な状態
クラスⅡ 軽度の全身疾患のある状態、老齢,新生児
クラスⅢ 中等度の全身疾患のある状態
クラスⅣ 重度の全身疾患のある状態
クラスⅤ 24時間以内に死亡することが予測される状態

上の表でわかるように
クラスによって死亡率が変わってきます。
(クラスⅠで0%、クラスⅡで0.47%、クラスⅢで6.0%、     
 クラスⅣで22.2%)

この死亡率を多いと見るか、少ないと見るか。
人によってその判断が変わってきます。

そして上の表はあくまで酪農学園大学での統計ですので、
すべての動物病院が同じだとはいえません。

死亡率を低くするためには、麻酔薬の選択等、
色々な事を考慮しながら行わなければいけません。

具体的なことについては、直接当院にお聞きください。




 

投稿者 森どうぶつ病院 | 記事URL

2014年4月23日 水曜日

点滴について その2

image1 image2

点滴の方法についてもう少し説明します。

左の写真は留置針カテ-テルという血管に入れる細管です。

動物は何時間もかかる点滴中じっとしていることはありませんので、
カテ-テルを血管内に入れ、テ-プで固定し、ゴムのふたをし、そこに
右の写真のように翼状針をさし、点滴の液を流入させます。

点滴する時間は、一般的には、2時間以上はかかります。
症状によっては、24時間以上連続して点滴する場合もあります。

安全に長時間点滴するには、前記の輸液ポンプを使用しないと困難です。
 


 

投稿者 森どうぶつ病院 | 記事URL

2014年4月23日 水曜日

点滴について

〝動物の点滴はどうやってするのですか。〟
〝なぜ点滴をするのですか〟等の質問をうけることがあります。

まず、なぜ点滴をするのかということですが、
目的としては、色々あります。
手術中であれば、血圧の低下を防ぐためであったり、
持続的に少量ずつ血管内に薬を入れるために点滴することもあります。

当院で点滴する理由として最も多いのは、脱水の改善です。
病気で食べない、下痢をする、嘔吐する等の症状があれば、  脱水してしまいます。
脱水をすれば、血液が粘張性をおび、流れにくくなります。
点滴して、血液を薄めれば、血流がよくなり、全身の細胞に  酸素、栄養素がいきわたり、体の状態としてはよくなります。

ただし、年齢、脱水の程度、病気によって、
点滴液の種類、点滴のスピ-ド、点滴の量を変える必要があります。

多いときは5,6頭同時に点滴することがあます。
その時に、上の写真の輸液ポンプを使用します。
量・スピ-ドを設定して自動的に点滴を行うことができ、
点滴が終わると同時にアラ-ムで知らせてくれます。

当院には欠かせない器械です。
 

投稿者 森どうぶつ病院 | 記事URL

2014年4月15日 火曜日

のどがはれる

image1 image2

左の写真は、トイプ-ドルの、のどの部分の写真です。
異常にはれ、食べれない状態でした。

はじめは腫瘍を疑いましたが、口の中をみると(右の写真)
右下顎の歯周囲に膿が確認できました。

レントゲンにて根尖周囲病巣を確認し、
全身麻酔下で抜歯を行い、抗生物質を投与すると、
数日ではれは引きました。

口の中の細菌は馬鹿にできません。



 


 

投稿者 森どうぶつ病院 | 記事URL

2014年4月 3日 木曜日

皮膚病が治らない

image1 image2

上の写真は、
皮膚病が治らないとの理由で来院されたワンちゃんの
治療前の写真(左)と
治療開始して1週間後の写真(右)です。

暖かくなると皮膚病が増えてきます。
それには色々な原因が考えられます。

湿度が上がるため、細菌、真菌が繁殖しやすくなる。
ノミ、ダニの感染が増えるなどなど。

急性の皮膚病は治るのに時間はかかりませんが、
写真のワンちゃんのように何年も皮膚病を繰り返していると、
完全に治すのは難しくなります。

犬の種類は、なにか?
若いか、老齢か?
いつの年齢から皮膚病を発症しているか?
季節性はあるか?
どのような食事を与えているか?
ノミダニの予防はしているか?
シャンプ-はどのくらいの間隔でしているか?
どのようなシャンプ-製剤をつかっているか?

など、さまざまな要因が関係してきます。

慢性の皮膚病でお困りの場合はご相談ください。

 


 

投稿者 森どうぶつ病院 | 記事URL