歯科コラム

2019年7月12日 金曜日

乳歯について

 




 一般的に、イヌやネコの乳歯は生後1~2か月で生え始めて、
5~7か月齢で永久歯へと生え変わります。

ヒトは乳歯が取れてから永久歯へと生え変わりますが、
イヌやネコでは永久歯が生えてる最中に乳歯が脱落します。

よって、

永久歯への生え変わりの時期を過ぎても残っている乳歯(特に犬歯で多い)は、

①永久歯の不正咬合

②歯周病の原因


を引き起こす可能性があるため
抜歯の対象となります。

 

 












乳歯を抜歯するタイミングは、

① 永久歯の犬歯が生えて3週間を過ぎても乳歯が残っている

② 生後7か月を過ぎても乳歯が残っている

③ 乳歯により永久歯の咬合状態に影響が出る可能性がある


場合などで実施します。

 


 

 


 
乳歯の発見時期が遅いと
抜歯をしても永久犬歯の不正咬合を防げないことがあるため、

残存している乳歯は
早めに抜歯することをお勧めします。


投稿者 森どうぶつ病院