ANIMALBLOG

2018年7月12日 木曜日

子猫を保護したら

最近、子猫を保護して連れてくる方が増えています。

もしも、そのまま飼うか、一時的にでも保護する場合は、
以下の点に注意してください。

1.まず、食餌を与えてください。

  口の中を見て、すでに歯が生えている場合は、生後1ヶ月  は過ぎています。
  その場合は、ミルクだけでは育ちませんので、子猫用のド  ライ又は缶詰のキャットフードを与えてください。
  食べにくそうであれば、ぬるま湯を加えて流動食状にして  与えてください。
  一日4から5回は食餌を与えてください。
  食べることを止めるまで与えて大丈夫です。

2.弱っていなければ、一度すばやく体を洗ってください。

  ノミの卵や便が体に付着してる可能性があります。

3.ノミの駆除を行ってください。

  時期的にノミの多い季節です。外で保護した場合はノミが  付いていると考えられます。
  ノミダニの新しい薬が色々と出ています。
  動物病院にご相談ください。

4.室温に注意してください。

  今から2~3ヶ月は、熱中症に注意が必要です。
  エアコンをつけずに室内に置きっぱなしにするのは危険で  す。

5.毎日体重をはかってください。

  少しずつでも体重が増えれば大丈夫ですが、
  逆に食べていても体重が減れば、食餌量が少なすぎ最悪の  場合死亡する可能性があります。

6.駆虫を行ってください。

  子猫には寄生虫がいる場合が多いです。
  人に移らないためにも駆虫剤を最低一度は投与しましょ   う。
  これも動物病院に相談してください。

7.すでに猫を飼っている時は、すぐに接触させないでくださ  い。

  子猫が伝染病にかかっている可能性があります。
  約1週間は異常がないか確認してください。
  できれば、猫白血病、猫エイズの検査を動物病院で行って  ください。

  



投稿者 森どうぶつ病院