ANIMALBLOG

2018年2月 1日 木曜日

食道裂孔ヘルニアの疑い

image1 image2

約6ヶ月令の雌猫が
1週間前より嘔吐するということで来院されました。

左のレントゲンには
胸部に胃の様な物がうつっています。

右のバリウム造影したレントゲンで
胃が胸部にあるのがはっきりしました。

外にも出るということなので、
普通は横隔膜ヘルニアを疑いますが、
横隔膜ははっきりとうつっていて
破れているようには見えません。

食道裂孔ヘルニアではないかと考えています。

先天的なものだと思われます。

液体はもどしませんので、
現在、流動食を与えてもらっています。
経過観察中です。


 

投稿者 森どうぶつ病院

カレンダー

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31