ANIMALBLOG

2016年2月19日 金曜日

雌の不妊手術のおすすめ

雌犬の発情は、
年に2回、ほとんどは春と秋に起こります。

発情の兆候は、
陰部の腫れ、陰部からの出血
乳首が赤くなるなどです。

飼い主の方がわからないうちに終わってしまうこともあります。

雌犬の不妊手術は、病気の予防効果が高いですので、
(子宮卵巣の病気予防、乳腺腫瘍の予防)
できるだけ、1歳未満で不妊手術を行いましょう。

雌猫の発情は、
外猫では、春に多く、秋にも起こります。
家猫の場合は、月に一回、約1週間続きます。

早い猫は2月から発情が起こりますので、
外に出る場合は、妊娠を防ぐために
できるだけ1歳未満で不妊手術をおすすめします。

ご来院してもらえば、
詳しい説明をします。




投稿者 森どうぶつ病院