良く頂くご相談内容

2016年1月22日 金曜日

多飲多尿

病気は大きく分けて
急性と慢性に分かれます。

慢性の病気で比較的多い症状に
多飲多尿があります。

何らかの原因で尿が多くなり、
のどがかわいて水を多く飲むので
順番からいくと、多尿多飲となります。

夏の暑い時や激しい運動の後に
多く水を飲むのは、異常ではありません。
又、塩分の多い物を食べた時に、
水を多く飲むのも正常です。

ある程度の高齢で、
以前と比べて徐々に多飲多尿となった時
病気の兆候と考えてください。




投稿者 森どうぶつ病院