ANIMALBLOG

2015年12月 2日 水曜日

膀胱結石

上の写真は手術によって取り出した膀胱結石です。

原因は主に食餌にあります。

ペットフ-ドの普及により栄養状態が良くなり寿命は延びましたが、

ペットフ-ドの普及とともに増加したのが、膀胱、尿道結石です。

かなり研究が進み、動物病院で推奨するペットフ-ドを与えると、

ほとんどできることはありません。

ただ、おやつを与えている場合は、できる可能性はあります。

大きな膀胱結石は、犬では時々遭遇します。

上の写真の膀胱結石は、猫の膀胱から取り出したものです。

しかも、ストルバイト結石と言う治療食により溶かすことのできる石でした。

この猫ちゃんは、事故により膀胱が完全に収縮できない状態でした。

この猫ちゃんの例はまれで、

犬でも猫でもちゃんとした食餌をやれば、予防できます。

食餌が非常に重要です。
 



投稿者 森どうぶつ病院