良く頂くご相談内容

2015年7月29日 水曜日

暑さ対策を!!

暑さ真っ盛りです。
すでに熱中症の症状の発生が見られます。

室内飼いの場合、
全例エアコンを使用していませんでした。

今の時期昼間にエアコンを使用しない場合は、
ほぼ全例熱中症になると考えてください。

症状が重くなるかどうかは、

被毛の状態(下毛の多さ、毛の長さ)
年齢、
種類(短頭種は危険)
持病があるかどうか

などによって変わってきます。

温度だけでなく
湿度も関係しますので、

温度 28度以下
湿度 60%以下

を保ってください。

昼間飼い主の方が仕事で留守をし、
動物だけになる場合が危険です。

犬のみでなく、
その他の動物も同じです。

可能であれば、
被毛を短く刈ってください。
腹部、四肢の内側は1ミリ以下に刈ってください。
下手に被毛を残すと暑さ対策には不十分です。

動物に代わってお願いします。

投稿者 森どうぶつ病院