良く頂くご相談内容

2014年4月23日 水曜日

点滴について その2

image1 image2

点滴の方法についてもう少し説明します。

左の写真は留置針カテ-テルという血管に入れる細管です。

動物は何時間もかかる点滴中じっとしていることはありませんので、
カテ-テルを血管内に入れ、テ-プで固定し、ゴムのふたをし、そこに
右の写真のように翼状針をさし、点滴の液を流入させます。

点滴する時間は、一般的には、2時間以上はかかります。
症状によっては、24時間以上連続して点滴する場合もあります。

安全に長時間点滴するには、前記の輸液ポンプを使用しないと困難です。
 


 

投稿者 森どうぶつ病院