ANIMALBLOG

2014年3月15日 土曜日

老齢犬の夜鳴き

上の写真は11歳になったばかりの愛犬マロンです。

現時点で、犬の平均寿命は約13歳ですが、
まだ少しずつ延びているようです。

それにつれて高齢犬の夜鳴きが問題になってきました。

約15歳くらいから始まり、
鳴き方が非常に大きいのが特徴です。

原因は単純に痴呆だけとも限りません。

立ちたいけど立てなくて鳴く場合、
目が見えなくて不安で鳴く場合、
慢性的な痛みがあって鳴く場合と、
さまざまな原因、理由があります。

無駄吠えの一種になると思われますが、
かなり深刻な問題を引き起こしている場合もありますので、
お困りの場合はご相談ください。



投稿者 森どうぶつ病院